読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白と黒の獣と

ポケモンと天鳳と人狼と。

ワンナイト人狼1 考察(村人・占い師・怪盗)

ワンナイト人狼

 

ワンナイト人狼の記事。

天鳳勢としていて一回ごとに振り返って検討をすることも多く、考察量もそこそこに増えてきたように思うので一度まとめたいなという記事。

ブラウザで「ワンナイト人狼」 このサイトでやっています。スカイプ必須です。

 

よってメモ的な要素が多いです。(追記:とりあえず村陣営のみ)

これ読んでワンナイト人狼勢が増えればいいなぁとか少しだけ思うのです。

 

配役は6人か7人(欠け含めて8枚9枚)でやる。

色々な配役を試した結果、

6人なら村人村人、占い占い、人狼人狼、怪盗、狂人

7人なら村人村人村人、占い占い、人狼人狼、怪盗、狂人

この配役が一番良バランスで推理もほどよく深くなるのでベストという意見で一致しました。(議論は5分でやっていますが、慣れてなければ延ばしてもいいかも)

8人はいい配役が見つかりません。狼増やすと吊る的が多くなるから逆に不利になったりてるてるは陣営が増えてカオスになりやすい、村4人にするとグレーが広くなりやすく議論の種がないときに欠陥になりやすい。誰か知らない人8人のときのいい配役ください。

狂人をいれないのは破綻者を吊れば確定で狼とかいう狼がリスクを侵せなくなってゲームの幅が極端に狭くなるくそげーになるのでおもしろくありません

 

4、5人でやってる人が多いみたいですが、ぜひもうちょっとだけ人を集めてやってみてください!

 

前提条件として、村は村のためになることしかしないこと(村人の役職騙りは村陣営に不利でしかない)。

そして役職は騙りも含めて基本的に信用を取りに行くことを目標にします。

 

それじゃあ役職一つずつだらだら書いていきます。

セオリーから書くとかいう面倒そうなまとめ方しないので全部読んでください

 

1.村人

むらびと。COはしない。

騙りも含めて占いや怪盗はこの役職の票を取るために殴り合い(論戦)をする。

役職CO(カミングアウト)の中で誰が本物(真)かを見極めてそこから得た情報を元に狼を吊る。

 グレーの中に狼がいることが濃厚で役職に狼がいるかどうかわからない場合

・村人は味方陣営の占いや怪盗に村人として見てもらい吊り対象から逃れる

・狼だと思われる相手を見つけてその理由をいい味方の占いや怪盗を説得して吊ってもらう

これらを頑張れなければ吊られて負ける。

グレーに人外がいなかったらグレーに人外がいるって言ったやつと自分がその推理に行きつかなかったことを恨め 悔いろ

 

※グレー・・・役職CO者と、占いや怪盗に村人と言われた人以外の人のこと。村人と潜伏狼、潜伏狂人がいる。

→グレラン・・・上記のグレーの中から怪しいと思った人に投票する。グレーランダムの略。

 

 

2.占い師

うらない。うらないCOを早めにする。

COが遅い占いは信用できないし、信用できない。

信用されない上に吊られるリスクが高くて村になんの利益ももたらさないのでやめましょう。

上にある欠けている2枚のカードか、下のプレイヤーのカードを1枚見ることができる。

 

★上を占うメリット

・内訳がはっきりするので場が鮮明になり推理がしやすくなる。

・単純に2枚見るというのが下の1枚より情報が多い。

・狼の「上の結果を見た」という占い騙りに対して村が引っ張られにくくなる。(乗っ取られ回避になる)

 

★下を占うメリット

・狂人や狼を占うと勝ちにかなり大きく前進する。

→狼を占った場合30秒で終わる可能性すらある。時間効率がいい()

あらゆる騙りに対しても狼だとわかっていれば意味がない

→狂人を占った場合それ以外の破綻者を吊れば終わる。

・占いが二人いた場合相方の占いが上を占っていたとき、かなり多くの情報を村側は得ることができる。

 

COするときは結果までいうのじゃなくてとりあえず占いCOだけする。

怪盗が占いと取り換えました!というとその占いの信用が高くなるので、その占いはほかの占いより後に占い結果を言うことになる。

また、確定で占い師だと認められた場合グレランなのか、誰かを指定して吊るのか村の方針と命運を握る。

指定で村を吊った占いは悲しい気持ちになる。吊られた村はもっと悲しい。

 

あと、上の結果騙りが有効な場面はほぼないと思われる。(あるはある)

項目としては

 ・PP阻止(怪盗COなしで上に村陣営二つ。)

・狼あぶり出し(怪盗が上だけど、怪盗いない結果を言って元狼COを誘う)

 

3.怪盗

かいとう。ワンナイト人狼はこの役職によって村が強いか狼が強いかわかれる。

役職発表の段階で怪盗は人から役職をすり替えることができる。

すり替えられた人はすり替えられたことがわからない。

 

□村人、占いからすり替えた場合

怪盗は、占いや村人とすり替えた場合ゲームがはじまってすぐに怪盗COをして誰が何かだったまで言うこと

(最悪「○○占い」とか「○○村人」と内容だけ言ってあとから怪盗ですと言えばいい)

何故それをするかというと、占いCOが出切った後やCOがない人がはっきりしてから怪盗COをして○○占い、○○村人といった怪盗が狼からすり替えてないとは言えないから。

狼とすり替えた怪盗が後から怪盗COをして「○○さん占いでした」と言ってその人を信用できるかというとまったくできません。

怪盗が村人や占いと取り換えた以上怪盗は村陣営なのだから、村陣営がその怪盗を疑わなければいけないことは勝率を下げることに他なりません。

狼を吊るために吊り対象は狭くしたい

 

よって、怪盗は占いや村人とすり替えた場合すぐにCOをしましょう。

これが一番伝えたいことです。怪盗のロケットCOは正義。

COをして無事信用できると認められたら村陣営として推理を頑張りましょう。

 

□狼、狂人とすり替えた場合

すり替えられた人は狼陣営として動くので、狼狼狂人狂人という風になれば村陣営を吊るのは簡単になる。

しかし、怪盗COが一人もいない且つ上に怪盗がいないとわかっているとき怪盗がCOしないので狼陣営の誰かから役職がすり替えられたと推理するのは簡単。

狼とすり替えたときにそれに元狼が気づいて、元狼の人が

「元狼COします。相方いませんでした」と言うとその狼は村陣営になり、グレーも狭くなるので怪盗(現狼)は少し吊られやすくなります。

 そうなるのを防ぐなら怪盗COをするのが手っ取り早い。しかし、「○○村人でした」と言った相手が占いCOしたり、「○○占いでした」と言った相手が何もCOをしなかったら破綻してしまう。

なら、少し待って確実に占いや村にあてればいいんじゃないか?

誰もがそう思うはず。そうは問屋が卸しません。上に書いた通り占いや村と取り換えた怪盗はいち早くCOするはずなので、遅い怪盗は怪しくなります。ムズカシー!

 他にも方法はあります。占いCOをして上に怪盗があると言ってしまってもいいですね。狂人が怪盗COして数を合わしてくれるとか願ってもいいです。

 

狂人とすり替えた場合は適当に騙ってすり替えた先の元狂人吊ったり自分が吊られたりすれば勝てます。そして吊られやすいです。なんせ村陣営より狼陣営の方が数多いですしですし。

 

 わかりやすい戦術を

・狼をすり替えたら占いCOしてすり替えた元に●を投げる。

●を投げるという超絶わかりやすい吊り誘導を掛けます。

●を投げられた本人も自分が狼だと認識しているので反応が狼のそれになります。

 

・狼が2人生存しているとわかったときに、

「人外は○○(確定で村陣営)の人にいれてください!」

というとパワープレイ(PP)が発生して村陣営が吊られる。

占い占い狼狼狂人(怪盗)元狂人村となるので、元狂人と占い占い村が票を合わせなければ負ける。人外は自分さえとられてなければ勝てる。

 

 続き→

ワンナイト人狼2 考察(狼・狂人)