白と黒の獣と

ポケモンと天鳳と人狼と。

第2回関西Single Festa使用構築 アブソルウルガカイリュー

6世代になってからはじめてのオフに参加してきました。

はじめてのスタッフということもあり、交流も含めてとてもいい経験になりました

 

さて、構築のほうですが結果は5-3で直接対決の関係で3位の予選落ちでした。

あたり運などはよかったように思うのでとても悔しいです。

 

以下構築詳細

 

f:id:shibuki_absol:20140311002328p:plain

ウルガカイリューは中段。

 

アブソル 無邪気 叩き落とす 馬鹿力 凍える風 見切り
ガブリアス いじっぱり げきりん 地震 エッジ 毒づき
ウルガモス 臆病 オーバーヒート むしのさざめき めざ地 蝶の舞
カイリュー いじっぱり 逆鱗 雷パンチ 神速 龍の舞
ボルトロス 臆病 10万ボルト めざ氷 電磁波 挑発
クチート 意地っ張り じゃれつく 不意打ち きあいパンチ

身代わり

アイテムは個別解説にて。

 

基本的にアブソルウルガカイリューとガブボルトクチートの2軸。

選出はかなり柔軟にできると思います。

 

1.アブソル@アブソルナイト

無邪気ASベース はたきおとす 凍える風 馬鹿力 みきり

詳しくはこちらへ

単体考察 ステロ撒きに強いメガアブソル

ウルガカイリューなどのステロを撒きたくなるポケモンがいることで初手にステロ撒きが来ることが非常に多いので、誘ってアドバンテージを取っていくのが仕事。

ガブ霊獣ランドなどが必ずくるわけではないので、初手の出し負けが少なくなるような技構成をする。

ガブウルガカイリューの並びでガブがステロ撒きに見えるので、ステロガブに強いポケモンが初手にくると予想しやすかった。

初手ライコウなどもきついが、ライコウはボルトへの後出しが安定するポケモンなので、相手はボルトがきた場合のケアとしていれておけばよいだけで、初手に出す必要はあまりなさそうとも予想できる。

技構成は自分のパーティが誘うポケモンに合わせるとよい。

ハッサムが重かったら炎技をいれればよいし、上から叩いてくるポケモンに対してのケアができるのであれば、見切りはいらないことになる。

積みリレー基調のパーティで後出しがしにくいパーティなので見切りは必須だった。

 

2.ウルガモス@きあいのたすき 虫の知らせ

臆病CS オーバーヒート むしのさざめき めざめるパワー地 ちょうのまい 

虫の知らせ襷。

対面性能がなかなか高く、初手にも出しやすいポケモンになった。

ステロがない状態で出すことができるので、ステロ+○○で処理するようなパーティにはしっかり刺さってくれる。

クレセドランが多いので選出機会はかなり多かった。(刺さってるように見える)

意地っ張りスカガブに対しても舞むしらせさざめきで倒すことができるので、一応なんとかなる。

ボルトクチートを選出するときにも初手に出して、ボルトの圏内に削る、数的有利を作るなどの仕事をしてくれた。

オーバーヒートは趣味技。炎の舞とかでいいかもしれない。

 

3.カイリュー@いのちのたま

意地っ張りAS げきりん 雷パンチ しんそく 竜の舞

雷パンチ。

マリルリギャラドスをウルガカイリューは読んでしまうので、雷パンチが刺さる。

レートでも初手で有利対面をつくったら舞うタイミングでマリルリがでてきて、そのまま勝負が決まるということも少なくなかった。

前のポケモンで削って、神速で倒して という動きができないのが不満だけど難しいところ。

地震がなくてガブがさらに重たくなるけれど、仕方ない。

メガライボルトとかメガゲンガーとか早くて一回舞っても抜けないのつらい。

 

4.ガブリアス@こだわりスカーフ 

意地っ張りAS げきりん 地震 エッジ 毒づき

説明不要ポケモン

電気の一貫を消して上から叩けるポケモン

威嚇サポートや、上から馬鹿力をガルーラに打てる点などから、霊獣ランドロスのほうがいいのではないかと思ったけど、個体を持ってなかった。

陽気じゃないのは甘えかなぁと悩んだけど初手に出しての削りが仕事でもあるので、火力は切れなかった。

つよい。

 

5.化身ボルトロスゴツゴツメット

臆病HBS 10万ボルト めざパ氷 挑発 電磁波

ボルト式猫だましは健在。

ほんとはガルーラの恩返しを耐えて気合玉で葬れる感じだったけど、挑発の必要性は切れなかった。

誰かが削ったポケモンを倒して、後ろに電磁波をいれるのがボルトクチート選出での仕事。

いい耐久をしているので、アローなど無理なポケモンへの後出しにも使う。

スカガブのエッジや補正なしメガギャラの1舞氷の牙を耐える。

めざパの火力が下がったので、ゴツメ+めざ氷でガブは落とせないけれど、耐えて後ろの先制技圏内にする。ということはとても大事なので強かった。

一応メガガルは10万2回とゴツメ2回でだいたい倒せる。

CS化身ボルトロスなどはうまく役割を持たせにくいイメージが強かったので、耐久にガッツリ振ったボルトは使いやすかった。

 

6.クチートクチートナイト

意地っ張り 不意打ち じゃれつく 気合パンチ 身代わり

みがきあクチート

展開方法は2つ。ボルトが電磁波をして死に出し、またはスカーフガブやスカーフ霊獣ランドロスなどのスカーフでカイリューウルガモスボルトロスを叩いてきたポケモンげきりんやエッジでこだわってるところに出す。

電磁波サポートで2体を倒すことに関しては信頼ができた。

後出しヒードランなどは身代わりがあればまったく怖くない。

気合パンチはじゃれつくよりも火力指数が高い。強い。楽しい。

 

 

選出パターンは多く組めると思います。

ステロ環境だったころに着想したが、まとまったころにはステロ環境が落ち着いてスカガブや、霊獣ランドが増えてきてつらかった。

環境は回ると思うので、またこのパーティを活かして構築を組んでいきたいなと思います。

 

 

ひな形となったパーティでは、

九尾杯予選抜け、シーズン2レート2050、シーズン3レート1940(25位)ぐらいが最高です。

 

ここまで読んでくださった方ありがとうございました、質問や誤字指摘などあればコメントか、ツイッターまでお願いします。