読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白と黒の獣と

ポケモンと天鳳と人狼と。

【XY】メガアブソル 単体考察①

f:id:shibuki_absol:20131116081535j:plain

追記:上記の指摘により、メガフシギバナ(メガストーン持ち)に叩き落とすでダメージが入りません。この記事が机上論の末路であることを前提に読んでいただければ。

はじめに、この考察はすべて机上論です。

よって、少し具体性に欠ける考察となりますがご了承ください。

具体性のある改良考察はこちら→

アブソル単体考察①,1

 

メガアブソルのスペック

65 150 60 115 60

115 特性マジックミラー

メガシンカ前と比べ、種族値がA+20 CS+40され、よりシャープな種族値になりました。

耐久はテクニ珠ハッサムのバレパン耐える、化身ボルトの素10万耐えるくらいと考えるのがよいでしょう。下降補正をかけると乱数になるのでよく考えて下降補正はかけましょう。

特性もかなり有用なものとなり、この特性メガシンカのタイミングで発動することで、自分で起点することのできるポケモンが増えました。十分にガチ対戦環境で通用するスペックになりました(主観)。

 

アブソルの取扱説明書のような記事は後日あげます(願望)ので、よかったらご覧ください。

 

では、一つだけ型紹介をします。

性格:後述

努力値:HAベース

技:剣の舞 じゃれつく 思念の頭突き @1

仮想敵はバナバンギをまず初めに考えました。

メガフシギバナを少し条件を整えると起点にすることができます。

無補正C252振りメガフシギバナのヘドロ爆弾→79.2%~94.2%(アブソル無振り)

無補正A252振りメガアブソルの剣の舞はたき落とす→ 82.3%~97.8%(H252メガバナに対して)

追記:無補正A252振りメガアブソルの剣の舞思念の頭突き→90.9%~108%(H252メガバナに対して)エスパー技の汎用性はお察し。

メガフシギバナと対面して舞います。ヘドロ爆弾を耐えます。返しの叩き落とすでメガバナが9割削れます(削れません)。

HBメガバナは初期に比べて減ったようです。きっと大丈夫。

 

特性マジックミラーにより、宿り木の種や、眠り粉などの厄介な補助技を受けないので、ヘドロ爆弾を耐えることができれば舞えます。

バンギと一緒にいることが多いようなので、スリップダメなども落とす手助けをしてくれるかもしれません。

 

無補正A252振りメガアブソルの舞じゃれつく→102.4%~120.7%(H252バンギラスに対して)

舞えれば、バンギも確1です。半分削れば、舞っていなくてもバンギラスを落とせると考えてもいいと思います。

 

無補正A252振りメガアブソルの剣の舞はたき落とす→80.8%~96.1%(HBミトムに対して)

 

さて、残りの技枠ですが、アブソルでみたい相手(仮想敵)に合わせましょう。

不意打ち:メガシンカのための安定行動場面が増える、舞ったあと強い。先制技に縛られやすいポケモンなので、相手の先制技に負けない為に採用する?

ただ、ハッサムマリルリは悪半減、ファイアローはS負けてる。

むやみに打っても不利になることは

冷凍ビーム:無補正無振り冷凍ビームで高乱数で無振りガブが落ちます。グライオンへの打点にも

ストーンエッジ:キッスやギャラへ?ギャラはメガシンカの可能性があるので難しそう

鬼火:命中が上がって強い。覚えるんだよということで一応。

電磁波、滅び歌、挑発があるので苦手相手に起点(?)にされないようにするのもありだと思います。馬鹿力は12月から解禁となります(H252メガガルーラは落とせない)。

特殊技は冷凍ビームのほかにも10万放射文字もあるので、有用そうな相手がいれば採用できそうです。

 

さて、性格についてですが、S115族は無補正252振りで最速S100族と同速なのでAやCに補正をかけるとなると、上から殴れないので、ガブリアスやガルーラへの打点の保障ができません。冷凍ビームや鬼火を採用するならSに補正をかけましょう。

AやCに補正をかけるメリットとしては、HB水ロトムやHメガバナへのダメージ計算を見ればわかるとおり、少し打点が足りません。その底上げとしてありでしょうし、不安定な耐久に振ってミトムのドロポンや、ヘドロ爆弾+スリップダメージなどに対応してもよさそうです。

 

(追記:型としてはバナバンギ+取り巻きを見るものなので、補正有りC振りメガフシギバナなどにも対応できるようにHAベースが良さそうです。S無振りでも135あるので、HAにして低速帯で組まれるバナバンギ+ラキグライヤドランなどの並びに厚くしてもよさそうです。)

 

僕の経験上、アブソルの技枠はいかにPT単位での仮想敵に合わせられるかが大事です。アブソルで舞って不意打ちで全抜きは一匹ではできません。PT単位でのタイプやダメージの補完をしてあげてください。

 

長くなってしまいましたが、書けば長くなるのでここらへんで終わります。

12月以降も電磁波いばる無効による対ボルトや、ドランに悪が等倍となったので、増えそうなクレセドランなども見れるのかもしれません。

BW2環境では剣の舞を採用する強い理由がなかったので、剣の舞を採用できる型が思いついて僕の中でそれが革新的であったので、机上の段階ですが書き殴りました。

文字ばかりのつたない記事ですが、読んでいただいてありがとうございました。

少しでも参考になれば幸いです。

 

追記:環境への理解を深めてより良い記事にするために、よければツイッター(Rei_4buki)へ意見や感想等もらえると嬉しいです。