白と黒の獣と

ポケモンと天鳳と人狼と。

ラザカスミラー『ノースシャイアの聖職者』マリガン

 

こんにちは、飛沫、もといAbsolです。

今日ラダーで回していて、疑問に思ったので記事にして考えを整理しようと思います。

 

その疑問とは、

ラザカスミラーで『ノースシャイアの聖職者』をマリガンで残すのか?

です。

ラザカスミラーはプリーストミラーでも構いません。

ノースシャイアの聖職者

 

まず前提として、今はミラーでノースシャイアの聖職者(以下聖職者)を先行でも後攻でも1ターン目にプレイしていません。

もしかしたらここから強者の方と考えが違っているかもしれないので、間違っていそうであれば意見がほしいです。

 

まず、ミラーでの聖職者に求めるものですが

①回復の輪(連結回復)を使った複数枚のドロー

②ヒーローパワーによる回復での1ドロー

③序盤の圧力

の三つに分けられると思います。

 

①では聖職者の他に『熱狂する火霊術師』or『霊魂鞭打』+回復の輪

が必要です。3枚のカードが必要であり、ミラーではラザやDKアンドゥインを探しに行きたいので、この内の2枚が揃っている程度ではマリガンで残すことは考えません(?)。

 

②の場合は、聖職者の他に場にミニオンが残っており怪我をして(ダメージを負って)いなければいけません。

聖職者自身がダメージを負って、自身をヒールすることによってドローできればよいのですが、ミラーでは相対的なドロー量の差が勝負を決めることが多いので聖職者を倒せないアタック2以下のミニオンを出すことはありません。

 

③ですが、②の理由の述べたように聖職者がいる盤面にアタック2以下のミニオンを出さないという都合上『初級エンジニア』『ブラッドメイジ・サルノス』『戦利品クレクレ君』のドローカードを出すことが出来ません。

しかし、次に出てくるミニオンはアタック3以上のミニオンなので聖職者でドローできずに倒れてしまうことになります。

真言・盾』があれば、ドローが出来るようになるため、1ターン目から出して、相手のドローをけん制しつつアタック3のミニオンが出てきたら『真言・盾』を使うというのはアリです。

 

相手の『熱狂する火霊術師』と『狂気ポーション』+回復の輪の組み合わせなどでこちらがけん制として出した聖職者が利用されてしまうこともままあります。

 

①②の場合はマリガンで残しても聖職者を場に出すのは中盤以降です。

③の役割でよしとするならマリガンで残すのがよいと思います。

①の役割のためのコンボパーツをいち早く集められれば、大きく優位に立てるので、そういう理由でマリガンで残すという選択もあるのかもしれません。

 

今まで思考停止気味でマリガンで残していましたが、整理してみると返すのが良いのかなという気がしています。

 

ぜひみなさんの考えをお聞かせください。→ついったー